« 動物愛護管理法改正・2012。 | トップページ

二年経過。

前々回の記事タイトル、「All A Day、・・・」の間違いですな。
馬鹿晒してしまいました。うはは。

二年前。職場の敷地に突如出没し、腹出し寝を披露した大胆なケモノcat
餌ヤリを続けるうち、プレハブ事務所に住み着いてしまい。
こりゃ責任取らなきゃならんな、と考え出したのは。雪snowが降り出すちょっと前。
以降連日、クソ寒い事務所で泊り込んでのcat同居生活を敢行。

・・・親父の四十九日も済んでない頃だもの。
七十半ばを過ぎた母親は、連日の同居者不在が不安な訳だ。これが。
(ウチの母親はこれまで、独りで暮らした経験がありません。)

母:「あんた、何だったら二匹とも連れてきたらどうなのさ。」

ヤドリギの如く実家に巣食う馬鹿息子は、この言葉を待っていたのだった。
かくして。ccの「catお迎え責任転嫁作戦」は、成功を収めたのですscissors
・・・母上様、感謝しておりますm(_ _)m。

Dscn1866

「んー、んーー。」

Dscn1906

「ぐふっ、ぐふふ。」

Dscn1910

「・・・はっ?!」

Dscn1901

「んが・・・カジカジ。」

Dscn1921

「カリ、カリ・・・ポロリ、ポロリ。」

Dscn1889

「んにゃ・・・暑苦しい・・・。」

日頃、写真は全く撮っておりませんでして。
思い出したように撮りまくっても、使えない写真ばかりですな。

今ではすっかり実家に馴染んだ、ケモノ二匹cat
本日で、お迎え二周年になりました。

昨日のこと。

職場近くのH駅で、札幌駅へ向かうJR列車を待っていました。
連絡通路で暖をとりながら、真下に見えるホームを眺めていると。
雪が積もった階段の屋根の上に、白黒猫catの姿が。

転げるように屋根から降りた白黒猫catは、ccの死角に。
「何処に行ったかな?」と、白黒の行方を目で追っていると・・・
白黒はひょっこり、線路の上に姿を現しました。

と、その時。 ccの真下を突然、急行列車bullettrainが通過っcoldsweats02
「うわわっsign01危ねっsign03
間一髪。本当に、間一髪。 白黒は列車を躱わして、走り去りました。


・・・ブレーキの音はしなかった。当然だ。数百人が乗っている列車だ。
乗客の安全を考えれば、飛び出して来た動物の命なんて・・・。

Dscn1825

この二年で、ccは一端の猫飼いになりました。

と同時に、屋外で暮らさざるを得ない猫たちの実態も、知りました。
不幸な命を少しでも減らす為に尽力されている方々も、知りました。
自己満足の為に小さな命を玩ぶ輩がとても多い事実も、知りました。

ボランティア活動をされている方の、ごく最近の痛切な訴えです。
勝手ですが、リンクを貼らせて頂きました。

こはる日和. http://daijyoyuukoharu.blog62.fc2.com/blog-entry-2470.html

のらねこ。(野良にゃん写真集) http://nora8787.exblog.jp/19024832/#19024832_1

・・・他にも沢山在り過ぎて・・・紹介し切れません。
でも皆さん、ワタクシ以上に知っておられる事かと思います。

Dscn1918

cc来年の目標は、動物ボラ活動にチョットでも参加するコトかな。
気になっている事実を直視して、解決に向けて活動したいですね。
ま。これもまた、自己満足なんでしょうけれどね。

年末年始の休暇は、本当に待ち遠しいけれど。
動物管理センター仕事納めの日が、命の期限という動物達も多い。
ペットショップの初売りで、犬猫をお迎えしようと考えておられるなら。
是非とも、各地里親探しの掲示板に目を向けて頂きたいなぁ。

|

« 動物愛護管理法改正・2012。 | トップページ

きじ&さび」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりの更新(笑)
拍手コメントもいつもありがとうね♪
ほんと、すっかり猫飼いさんでwww
つやつやの毛並みが今は幸せに暮らしているふたりを物語っていますね。
寿命が短いせいか最近はむ飼いさんが減ってますw
ひとりで救える数は限られてますよね・・・。
センターからお迎えするということがもっとポピュラーになればいいのだけど。
来年も時々、こうやって、顔を出してくださいね。
よいお年を・・・。

投稿: Sacchan | 2012年12月24日 (月) 10時54分

>Sacchan様。

コメント、本当に本当にありがとうございます。
・・・目を通して頂いているのですね。感謝感謝です(;´Д⊂。
ぷる日、いつも拝見させて頂いておりますよ~(^^)。
ハムから距離を置いて以来、なんとなくコメントし難くなってしまいまして。
あれ程お世話になったにも関わらず・・・読み逃げばかりで本当に申し訳なく思っておりますbearing
・・・あくまで、私的な意見なのですが。
寿命の短い命を積極的にお世話し続ける方々こそ、真の意味で「生命」に向かい合っている方なのだと思うのです。
その意味で。ハム(≒ネズミ)と猫ってば、見識の差が大き過ぎますよね。

こんな知悉なブログを、気に掛けて頂けるだけでも、本当に光栄に思います。
そんな小さなココロが集結すれば、世の中がもっともっと、良くなって行くハズ。
ほんの少しでも、前進すれば良いですよね。

来年も、良いお年を。ね!

投稿: 太郎と花子のcc | 2012年12月25日 (火) 01時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/45243/48414415

この記事へのトラックバック一覧です: 二年経過。:

« 動物愛護管理法改正・2012。 | トップページ