« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

太郎さん。

ほっち~、ほっち~?
あのさ。今日が何の日か、知ってるかい?

「知ってましゅよ。ごーるでんうぃーく、初日でしょ?」
Sany4381

う~ん・・・既にGW半ばという方もおられるから・・・ちょっと違うかも・・・

「あ、知ってましゅ。小話の日。父ちゃんの、つまんない
ハナシを、無理やり聞かされる日。・・・違ったかな?」

Sany4417

う~ん・・・それもまた、違っているようないないような(;;;´Д`)ゝ・・・
そんじゃさ。「太郎」さんって、知ってるかい?

「知ってましゅよ。父ちゃんが88円ボーダーの食品を
『・・・400円位?』と発言して、庶民から反感を買った、
マンガ好きなオトーチャン。でしょ?」

Sany4440

う~~ん・・・間違いないと言えば、間違いないけれど。
当ブログのレベルからすれば、未曾有な回答かも知れないなぁ。。。

・・・蛍が、知っているハズも有りませんね。
4月29日。太郎の、三回忌三回目の命日であります。

※5月3日訂正
くららさんから、ご指摘頂きました。有り難うございますm(_ _)m。
数えて、三度目の命日。四回忌(?)でした。

続きを読む "太郎さん。"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

平凡な日常こそが、嬉しいのです。

「『寝る為』に毎日飲酒している位なら、
睡眠薬を飲んで寝てる方がマシだぞ。」

・・・旧知の親友から、そう言われたccであります。
確かにその方が、体には良いかも知れませんなぁ。

先日。胃が痛くって、一日だけ休肝しました。
多分、四~五年ぶりだったと思います。
・・・シラフ状態では、ほとんど寝られませんでした。
飲まなきゃ寝られない=beer依存。修正困難な悪しき習慣。
・・・治せと言われても、そう簡単にゃ治らん訳で。
愛ハム晩酌が在ってこそ、ccが在る訳で。

「アイツ(=cc)はペットの世話が有るからなぁ~。」
と言うのは、cc友人からの声であります。
夜通しハシゴ酒のお誘いは(幸いにも?)来なくなりました。
周囲の人間には、そういった認識が出来ているようです。

Sany4372 「・・・ほーちゃんが在ってこその、ケッカですな。
有り難く思いなしゃいね、ウン。」

・・・アナタが在ってこその、ccなのだよ。
誰が何と言おうと。ね。

続きを読む "平凡な日常こそが、嬉しいのです。"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

別荘拝見。

髪、切りたぁ~いっ!(>_<)!・・・ccです。

すっかり・・・イケテナイ、ろけんろーらー♪な風貌。
思うに。前回散髪してもらったのは、昨年末coldsweats02
だってさ~。ヒマ、無いんだもん。休み、無いんだもん。
本当に、本当なんですもん。゜゜(´□`。)°゜。

・・・ccの母上(齢72歳)は、現役自営業BARBER。
馬鹿息子のボサボサ頭を、かなり気にしているご様子。
・・・色んな意味で心苦しぃわぁ。母上様、申し訳ナイと思ってます。

でも・・・四半世紀前のccは、今の二倍位の長髪ですた(爆)。
当時ってば。長髪男子のバイトなんて、無に等しかったなぁ~・・・。
駐車場管理とか、肉体労働とか、コンサートスタッフとか。それ以外、全く無かった。
勿論、飲食関連なんて門前払い。・・・世の中、変わりましたなぁ・・・┐(´-`)┌。

cc毎日恒例の、晩酌が半ばを過ぎた頃・・・。
蛍さんは寝床から出て来て、外出の用意をします。

Sany4054_2

ほ~ちゃんは、オサレ~shineしゃんだしぃ・・・scissors
ガイシュツ前には、身だしなみ、身だしなみrouge。」

やっぱり、オニャノコなんだぁねぇ~( ̄▽ ̄)。
しかして、入念な身支度を終えると。

Sany4067 「さっ! パトロールに出発でしゅっ!!」

いつものお散歩パトロールに、出発されます。
確かに。お散歩と言うよりは、探検に近いしねぇ(;;;´Д`)ゝ。

Sany4114 Sany4117

・・・キホン。
蛍さんパトロールは、こんな感じの「アクティビティ~ッ」なモノでした。

それが、齢一歳と五ヶ月をも超えると。
(一説には、既にシニアの年齢とな?)
何か、心境の変化が在った模様でありまして・・・

続きを読む "別荘拝見。"

| | コメント (10) | トラックバック (0)

偉大な、母親。

わたし達にとっての、「ペット」。

Sany4126

それは。人間の心を癒す存在。

Sany4127 それは。人間が持つ「優しさ」を、気付かせてくれる存在。

Sany4121 それは。生命の尊さ、生命の重みを。
身を持って教えてくれる、素晴らしい存在。

Sany4087 このコ達は本来、「種の保存」を目的として生きている。

その意味では。
繁殖を目的としない単独飼育なんて。
当の動物にとっては、拷問に等しいかも知れない。
ウチのなど。本来の「生きる」という目的を最初から失っている、悲しい動物なのかも。

しかしながら。
その「目的」には、大変なリスクを伴うと言う事なんだ、と。
母親って。子供を生み育てるって。命懸けなんだ、と。

さーこたんは、教えてくれました。
命を張って、頑張った。命を張って、命を守ろうとした。

そんな「母親」の姿に。
とてつもない偉大さを感じました。

Sacchanさん、お疲れ様でした。
さーこたん、ゆっくり休んでね。

| | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »