« 蛍の左アンヨ再考察・・・運命の共通点? | トップページ | 北斗の一周忌。 »

ペットを愛する、私たちが出来ること。

私達人間の心を癒してくれる、可愛いペットたち。

「ペットは、大切な家族の一員。」
ペットを飼っている全ての方々が、そう思っているはず。

でも。
飼育放棄され、捨てられ・・・殺処分される命は、
後を絶ちません。
そんな犬&猫の数。年間30万頭以上。

何とかしたくても・・・自分が出来る事なんて、
有るハズがない。
所詮、現実なんてそんなもの。仕方の無いこと。

結果、見て見ぬフリをしている自分が居ました。

「ジュルのしっぽ」さんという猫さんブログにおいて、
「犬猫の殺処分方法の再検討を求める署名」
進めていらっしゃいます。

署名への経緯や方法等は、管理者であるhana*さんより
上記ブログに詳しく記載されています。
是非とも読んで頂きたく、そしてその署名に
ご参加頂きたく思うのです。

Sany3496 「オネガイ・・・いたしましゅ。」

ヒトが捨てた命。
それを救う事が出来ないのなら。
せめて、安楽に逝かせてあげたい。

この署名活動を知ったのは、猫さんブログ界では有名な
「でぶねこ☆めんまさん」の記事からです。
ccは勿論、めんまさんの大ファンでもあります。

お世話係であるsatoさんの昨日の記事には、
読みながら「うんうん・・・」と共感しきりのccでした。
是非こちらもご覧頂きたいと思います。
ccが心で感じていた(ような)部分を、より深く、
より丁寧に、素晴らしい文面で綴っていらっしゃいます。

人間の為に、翻弄され続ける小さな命たち・・・。
その命の為に、自分たち人間が出来ること・・・。

|

« 蛍の左アンヨ再考察・・・運命の共通点? | トップページ | 北斗の一周忌。 »

ペット・動物」カテゴリの記事

コメント

ほーちゃんもccに出会っていなかったら今頃どうなっていたことか・・・。
レスキューと言っても自分の許容を超えると本末転倒なのですが、ショップやら、繁殖させる飼い主などのモラルをしっかり持ってもらいたいものですよね。

投稿: Sacchan | 2009年1月19日 (月) 11時41分

私が子供の頃はまだあっちこっちに野良犬さんが当たり前にいて
それがいつの間にか……今は滅多にいませんよね。
人目につかないところで、ひっそりと処分されてるってことですよね。
私の実家では捨てられたと思われる子犬を拾って飼っていますが
おそらくそれまでに人間にいじめられたか、捨てられた記憶のせいなのか
家族以外の人間に対してなかなか心を開かないし
ちょっと冗談のつもりで驚かせたら恐がって隅っこでいじけてしまうし
そういう姿を見ても、考えさせられることはいっぱいありますね。

投稿: ろぼ吉 | 2009年1月20日 (火) 00時04分

>Sacchan様。

コメントありがとうございます。
・・・コメント欄、閉じておくの忘れてた(><)。

ん。自分は「蛍を救済した」という自覚は有りません。
・・・ただただ一方的に、愛おしかっただけでして(^^;。
もしかすると他の方にお迎えしてもらったほうが、幸せなハム生を送っているかも知れませんし・・・。

こういった「真剣に動物愛護を考えて」おられる方の活動を拝見すると・・・自分の動物との接し方に、何とも言えない情けなさを感じてしまう次第です。

投稿: 太郎と花子のcc | 2009年1月22日 (木) 00時08分

>ろぼ吉様。

コメントありがとうございます。
・・・コメント欄、閉じておくの忘れてました(><)。

ご実家では、捨てられた(と思われる)ワンちゃんを飼っていらっしゃるのですね。・・・とても嬉しく感じる次第です。
生まれてくる命に、不要なモノなんて無いハズ。
結果的には廃棄するという事実を承知していながらも、生産し続けるのは、人間だけで。
そんな事を考え始めると・・・「人間」として生きているコト自体が、恥ずかしく思えてしまう気がするのです・・・。

投稿: 太郎と花子のcc | 2009年1月22日 (木) 00時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/45243/27249257

この記事へのトラックバック一覧です: ペットを愛する、私たちが出来ること。:

« 蛍の左アンヨ再考察・・・運命の共通点? | トップページ | 北斗の一周忌。 »