« 華子、左手に出来物・・・。 | トップページ | 北斗、食欲不振?! »

華子、診察台で大暴れ?!

二日前、華子の左手に「赤いポチ」を発見したcc。
昨日は仕事の都合で行けなかったのですが、本日朝イチで罹りつけの「菊S小さな動物病院」へ、華子を連れて行きました。

病院までの道中は、ほんの7~8分。移動用ケージは初体験の華子は、かなり落ち着かない様子でした。
Dsc00537_1 不安そうな表情を見せる華子車中撮影)。

「こんな狭い所に押し込めて、一体ドコに連れて行くんでちゅかぁ~っ!?」

ccの通院は半年振り。勿論華子は、病院デビューです。

診察台に、移動用ケージを置きました。ケージから出そうと試みるも、頑なに拒否する華子。「よ~し、よ~し。安心しろぉ~。大丈夫だからなぁ。」

診察台に上がった華子。先生「はぁ~い、ちょっと診せてねぇ~・・・あぁ~・・・よ~し、よぉ~し。・・・・・(奮闘中)・・・・・あぁ~、飼い主さんに抱いてもらっていた方が良いかな?お願いします~♪」
え? すんません、補てい?どうやれば良いのやら・・・え?あ?
「あ~、駄目みたいですね。じゃ、こちらで・・・あ~ぁ、大人しくしてねぇ・・・よ~し、よし。お手手、診せてくれないかなぁ~・・・」

これまで人間の手で無理矢理「捕まる」ことなど、経験の無い華子。完全にパニック状態です。襟首を捕まれてムギュ~ってな状態で、お目目は落ちそう! ジタバタと暴れながらも先生の指に噛み付き、先生は出血! もう一人の先生が補助に当たるも、その先生の手をすり抜けて、なんと診察台(高さ約1メートル)からダイブ決行! 床に(無事)着地した後は、院内の床を大爆走~っ!!

すぐに、何とか捕獲しました。その後、暴れる華子を抑え付けながら採血。診察の結果、今回の腫れ物は「外傷によるもの」との診断を頂きました。腫瘍ではありませんでした。肥満細胞とやらも見受けられなかったとの事。腫瘍ではないとの診断を頂いた瞬間、ス~っと、気が抜けました。いんやぁ~、良かったぁ~~(^^)v。

華子に指を噛まれて出血しながらも、何事も無かったように診察・説明してくれた若い先生。・・・本当にありがとうございました。痛かったでしょうに(><)。お馬鹿なccは、御説明頂いた詳しい診察結果を把握出来てはおりません・・・(爆)。ただ、清潔を保つこと、そして肥満に気を付けるようにと、念を押されました。その先生曰く、「ジャンガリアンさんの体重ではないですね~。体重測定だけは、しておきましょうね。」・・・76グラム。汗(-_-ゞ。

Dsc00538_1 処方された抗生剤を混ぜた、ヨーグルトをウマウマする華子。左手の腫れも、すっかり納まりました。

Dsc00542 血が抜けただけで、すっかり良くなったように見えませんか?化膿止めと、抗生剤を頂いての診察料、2,310円。本当に、良かったぁ。色んな意味で・・・。

皆様に御心配&応援頂きましたこと、深く感謝致します。ありがとうございました~~~!

|

« 華子、左手に出来物・・・。 | トップページ | 北斗、食欲不振?! »

華子」カテゴリの記事

コメント

華ちゃん、よかったね~。
本当によかった。
病院は例の同級生とやらの病院ですか?
肥満細胞ってわかるんですね。へぇ~。
でも、すでに76gとは華ちゃん、すごいわ~。

人の手に慣れていないはむちゃんは診察台では注意しないと駄目ですよね。
落下事故って結構あるらしいです。
華ちゃん、無事でなにより(^_^;)でした。

投稿: Sacchan | 2006年11月23日 (木) 23時38分

外傷なら、時間薬で治りますね。
良かったね~華子ちゃん

でも、華子ちゃんてジャンボリアンだったんだ…
写真だけだと、あんまりそうは見えなかったけど。
ダイエット開始かな?

投稿: mikky | 2006年11月23日 (木) 23時49分

華子ちゃん、腫瘍じゃなくて何よりでした。(^_^)v

しかし、やっぱりねぇ~腹肉から察するに、華子ちゃんの
体重はかなりのものと踏んでたんだよね~
76gは、ジジくんを超えキキ姉さんの78gに追いつく勢い!?(爆)
お互い、ジャンガリアンじゃなくてジャンボリアンだもんね~
(↑開き直り?)
診察台からの落下事故は多いそうなので、とにかく無事で
よかったですね。
うちもお薬はヨーグルトに混ぜてあげてたけど、ヨーグルトも
太るんですって。お気をつけあそばせ。(*^_^*)

投稿: くらら | 2006年11月24日 (金) 01時04分

外傷で済んで良かったですね!安心しました^^
抗生剤も効いているようで完治も時間の問題ですね。
それにしても華子ちゃん元気いっぱいで
賑やかな診察だったようですね~^^
ccさんも一安心ですね・・・次はダイエットですか?
76グラムはすご~く大きくてビックリしました。
写真では大きさが判断できないけど
華子ちゃんがそんなにビックだったとはw
とりあえずは、ccさんお疲れ様でした~♪

投稿: ももくり | 2006年11月24日 (金) 01時16分

華子ちゃん、腫瘍じゃなくてよかったですね。
やっぱり外傷だったんですねー^^
それにしても、初めての病院体験で、華子ちゃん興奮しちゃったんだー。
診察台からダイブって…(^^;)
何事もなくてよかったです。
これからはダイエットかぁ~。
いつのまにか、立派なジャンボリアンになってたのね~。

投稿: ぷちまま | 2006年11月24日 (金) 01時34分

追伸です^^
サイドバーに、動物実験反対などのサイトを設置してくれたんですね。
乳さん、かなり毛皮にはショック受けてましたもんね…
賛同ありがとうございます。

冬は、服売り場へ行くと、毛皮を使った商品が多くて、胸が痛くなります。(T-T)

投稿: ぷちまま | 2006年11月24日 (金) 01時38分

CCさま、おはようございます!

大変でしたねぇ。
華子ちゃんも大暴れしちゃって
でも結果を見て安心したんですけど
最後の一言を見て大笑い!
76gあったのかぁ....そりゃすごいジャンボリアンだよねぇ。
20gくらい多いもんねぇ、ご注意仕方ないか。

若い先生も噛まれてもひるまないところが
さっすがプロですよねぇ!
それにしてはお安かった診察料。
華子ちゃんはやくよくなるといいねぇ。
大脱走の感想は??

=^・^=

投稿: Cat | 2006年11月24日 (金) 06時54分

結局、うちのボロンにできたやつと同じようなものだったんでしょうね~。とにかくよかったです(^v^)v

まぁ、ドクターFはすでにわかっていましたけどね(めっちゃ適当)

それにしても、乳さんの落ち込みようはすごかったなぁ、ははは(^^;
気がぬけて、ぷちままさんのように風邪をひかないでくださいね(^v^)v

あれ?左手の赤いポッチはなくなってしまったんですか?(^^;
自分も、ホニョーの時に2日ほど左眼があかなくて心配して病院に連れていったら、帰ったら開くようになっていました(^^;

投稿: FRD | 2006年11月24日 (金) 07時38分

華ちゃん、大事なくて良かったですね~。
診察台での奮闘も結果が判ってからだったので、楽しく想像しましたよん。
先生もccさんも大変でしたね(*´艸`)
でも、やっぱり華ちゃんちょっと太り過ぎだね~。
ccさんとこのご飯はかなりの御馳走とみた。

投稿: ぷくぷく | 2006年11月24日 (金) 12時15分

>Sacchan様。

コメントありがとうございます。
いやぁ~・・・御心配頂きまして、本当にありがとうございました。ホッとしました。
そうでなんです。G院長の病院でした。看て頂いたのは、若い女性の先生でした。とても親切に対応してくれましたぁ。・・・んにゃ?肥満細胞だったかな?脂肪細胞だったかな?すっかり忘れてるし・・・情けない(><)。
診察台からのダイビングは、助手先生(?)の手をスリ抜けての出来事。助手先生は、かなり焦っておられました。大事には至りませんでしたから、ヨカッタヨカッタ(^^)。

投稿: 太郎と花子のcc | 2006年11月24日 (金) 22時24分

>mikky様。

コメントありがとうございます。
いやぁ~・・・御心配頂きまして、本当にありがとうございました。ホッとしました。今は、すっかり良くなりましたよぉ。
・・・はい。既に、ちょっとだけ食事制限を始めております。でも・・・きちんと掃除をしたとはいえ、ウマウマを溜め込んだプチハウスだけは、中身を含めてそのままなのです(爆)。

投稿: 太郎と花子のcc | 2006年11月24日 (金) 22時32分

>くらら様。

コメントありがとうございます。
いやぁ~・・・御心配頂きまして、本当にありがとうございました。ホッとしてます(^^)。
多分、80グラムを突破していた時期も有ると思いますよ。いや、絶対に。ここのところは、ちょっとだけ「軽く」感じてましたから(爆!)。
診察台からのダイビング・・・cc以上に、助手先生がビックリされてました。「ごめんなさい、ごめんなさい!」って、かなり焦っておられて・・・怪我も無かったし、ヨカッタ~。
補ていも出来ないccですから、投薬も当然苦手(><)。でも、(見た感じ)傷口はすっかり治っているようですから、投薬もちょっとだけ気楽です。食事制限をしながらだと、お薬とヨーグルトの比率が半々でも完食してくれるものですね(^^)v。

投稿: 太郎と花子のcc | 2006年11月24日 (金) 22時59分

>ももくり様。

コメントありがとうございます。
いやぁ~・・・御心配頂きまして、本当にありがとうございました。今はホント、ホッとしてます。
抗生物質は日に二回、炎症止めは日に一回と言われているのですが、患部の具合を見てしまうと「ん?もう、大丈夫でしょ?!」なんて考えてしまいます。典型的なダメ飼い主ですね・・・。
いやいや~。以前は、80グラム越えしていたのは間違い無いと思うのです(爆)。先ほどまで、お世話&戯れていたのですが・・・かなり軽く感じましたよ(^^ゞ。

投稿: 太郎と花子のcc | 2006年11月24日 (金) 23時09分

>ぷちまま様。

コメントありがとうございます。
いやぁ~・・・御心配頂きまして、本当にありがとうございました。ホッとしましたよ~。既に、ほぼ完治しているように見えます(^^)。
七ヶ月間、のほほんと暮らしてきた子ですから・・・クルマでの移動や診察など、ストレスの連続だったのでしょうね。完全にパニック状態だったようです。怪我も無かったので、一安心です。
やっぱり、かなりのジャンボリアンだったのね?今後は、食生活を正して行こうと思いまーす!
ccは以前、動物実験をしている某K化粧品を得意先としている会社に勤務していました。・・・まさかこんな実態が有るなんて、知る由も無かったです。こんなにも「クダラナイ商品開発」が撲滅されることを、切に願う次第です。

投稿: 太郎と花子のcc | 2006年11月24日 (金) 23時29分

>Cat様。

コメントありがとうございます。
いやぁ~・・・御心配頂きまして、本当にありがとうございました。いやぁ~、ホッとしました。
改めて思うに・・・ジャンボリアンだったんですねぇ~。気を付けなきゃ、イカンですね。北斗も、ね。
診察して下さった先生、本当に強かったなぁ・・・。さり気なく傷口を隠す姿に、プロ根性を感じましたよ。ヘナチョコ飼い主、感服でした。
診察台から飛び出した瞬間は、一同皆パニック状態(^^;。怪我をしなかった事に一番安心していたのは、助手の先生だったのではないかな?

投稿: 太郎と花子のcc | 2006年11月25日 (土) 01時43分

>ドクターF様。

コメントありがとうございます。
いやぁ~・・・御心配頂きまして、本当にありがとうございました。ホッとしてますよ~。
流石はDr.Fですね。観ただけで、病状は把握出来ていたんだなぁ・・・。あっぱれ!師匠!!
赤ポッチは注射器で採血した際に、キレイに無くなってしまいました(^^)。大したことは無かったんですね。はは。

投稿: 太郎と花子のcc | 2006年11月25日 (土) 01時54分

>ぷくぷく様。

コメントありがとうございます。
いやぁ~・・・御心配頂きまして、本当にありがとうございました。いまはホントに、ホッとしてます。
採血の際に出血も有りましたし、そんな中での診察台からのダイビングでしたもので。当事者連中は、結構慌てふためいておりました(^^;。笑い話で、済みましたからね。
食事制限は、きちんとしなきゃならんですね。アバウトな自覚は有ったのですが・・・きちんとしたスケール、購入しなきゃ、ね。

投稿: 太郎と花子のcc | 2006年11月25日 (土) 02時03分

華子ちゃん、大変だったんですね。。。
でも、腫瘍でなくて、ホントによかったですね。
ccさん、とてもご心配だったことと思いますが、
お薬が効いて、腫れも引いたようで、よかったですね(^^)
病院での華子ちゃん、かなりビックリしちゃったんですね。
人間だって病院は怖くて、嫌ですもんね(^^ゞ
りっぱな体重の華子ちゃん…健康に気をつけて、
元気に過ごしてくださいね♪

投稿: michu | 2006年11月27日 (月) 17時44分

>michu様。

コメントありがとうございます。
あはは・・・御心配頂きまして、ありがとうございます~。全然、大したことは無かったみたいで・・・(^^ゞ。今も、気が触れたかの如くクルクル爆走しておりますよ~。
正直、腫れ物を発見した際はかなり動揺しました。手術しなければならないことも考え「えぇ~っと、キャッシング枠の残りは・・・」なんていう部分も心配したり(爆)。
「おデブぅ」の烙印は押されましたが、健康管理面のアドバイスも受けることが出来ましたし、とても良い機会でした。今後は定期的な健康診断もきちんと受けさせようと思っております。・・・一番の不安材料は、グぅたらな自分ですね(^o^)。

投稿: 太郎と花子のcc | 2006年11月27日 (月) 21時52分

太郎と花子の父さま こんにちは
先日は、あたたかいコメントをお寄せいただきまして、
どうもありがとうございました
ぷくぷくさんのお陰で、皆様の優しさに触れることが出来、
本当に嬉しかったです

華子ちゃんって、可憐なお名前もとっても素敵ですね♪
日記を読んだとき、手に赤いぽちっとしたものとあったので、
腫瘍では?!と、ハラハラしながら続きを読ませていただきました
腫瘍でなくて、よかった・・と、ほっとしました
獣医さんが大変だったご様子ですが^^;。。。
華子ちゃんには何事もなくて良かったですね!

それではまた、おじゃまさせていただきます^^

投稿: みゅう | 2006年11月28日 (火) 15時14分

みゅう様。

コメントありがとうございます。ようこそ、へなちょこブログへ・・・(^^ゞ。
みゅうさまの感受性&行動に、感銘を受けないハム飼いさんは居ないと思います・・・。自分は本当に、いまリンクさせて頂いているハム仲間の方々に感謝しております。こんな殺伐とした時代にも、こんなに暖かい心の持ち主が大勢いらっしゃるということ。素晴らしい出会いでした。
ブログをして「生ぬるい慰め合いを延々繰り返す(・・・自分がハム飼いを始めた頃に参考にさせて頂いた某HPより引用)」と言う方もいらっしゃいますが、決してそうではないと思う。小さな命の尊さ。小さな命からの、声に出せない痛みと訴え。・・・平和ボケしている人間にも、強く訴えるモノが有りました。同じ思いを感じてくれる方がいて、そして何かが生まれて来れば良いと思うのです。
あはは・・・華子の左手は、ちょっとした外傷だったようです。掛かりつけの獣医院長は高校時代の同級生(^^)、とても良くして頂いているのです・・・有り難いですよね。
みゅうさま。今後ともお付き合い頂けますよう、何卒よろしくお願い致しますね。

投稿: 太郎と花子の父 | 2006年11月28日 (火) 19時51分

太郎と花子の父様、ご無沙汰いたしております。
ピス逝去の折には温かいお言葉をありがとうございました。四十九日を迎え、今頃は空の上でのほほんと暮らしていることと思います。

華子ちゃんの受診お疲れ様でした。うちのラスも診察台から落ちたことがありましたので、父様が動揺なさった様子が目に浮かぶようです。何事もなく、大きな病気も無くて本当に良かったです。
76グラム…ピスの最高体重も同じでした。お写真だと全然そんな風に見えないのに、華子ちゃんはどこにお肉を隠しているのでしょうか。今回の落下事故が無事に済んだのはお肉のおかげかもしれませんね(^_^)。うちの主治医は1歳までは、70グラム越えてると心臓に悪影響を起こしかねないので注意する、と話していました。1歳過ぎたら、もう自由に生きていいとのことでした。華子ちゃんが病気知らずで暮らして行けますように、心からお祈り申し上げます。長文失礼致しました。

投稿: 呵々 | 2006年12月 8日 (金) 22時43分

>呵々様。

コメントありがとうございます。
こんな二週間以上も更新をしていない、グぅたらブログへようこそいらっしゃいませ(^^)。
ビス君が逝ってしまってから、もう四十九日になるのですね。ビックリする位に、時が経つのは早いものです。
呵々さんのブログは、真意にして頂いている方々から教えて頂きました。読み逃げばかりでしたが、とても楽しく拝見しておりました。パソ音痴な当方・・・呵々さんの画像処理とセンスを、とても羨ましく観ていましたよ。
華子の御心配、ありがとうございます!
落下直後の鼻先に付着した血が、手からのものなのか鼻先からのものなのかが把握出来ず、助手先生ともどもアタフタしました(汗)。
太り過ぎを自覚するのには、良い機会でしたね。
以後は、食事に対して節度を設けているつもりです。
呵々さん!今後も是非、アドバイスを頂ければ幸いに思います。リンクを張らせて頂いても構いませんでしょうか?
何卒よろしくお願い申し上げます。

投稿: 太郎と花子の父 | 2006年12月 9日 (土) 23時26分

太郎と花子の父様、こんばんは。
過分にお褒めいただき恐縮です。空の上でうちの連中が「太郎と花子の父様、下僕を甘やかさないで〜」と吠えていそうです(笑)。リンクの件、ありがとうございます。しばらく新しいハムをお迎えする予定はないのですが、それでも大丈夫でしたら、何卒よろしくお願い致しますm(_ _)m。

投稿: 呵々 | 2006年12月10日 (日) 17時00分

>呵々様。

御丁寧なコメント、本当にありがとうございます。
リンクの件も、ありがとうございます。
新たなハムちゃんとの出会いと楽しいハム育児日記を、楽しみにしておりますので(^^)。
FRDさんの「天使たちのクリスマス音楽会」に参加されるのでしょうか?・・・是非ともビスくん達と一緒に、聖なる夜を過ごしたいですね。

投稿: 太郎と花子の父 | 2006年12月10日 (日) 21時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/45243/4291429

この記事へのトラックバック一覧です: 華子、診察台で大暴れ?!:

» ペット保険登場!ペットも安心? [お金ちゃんねる-喜怒哀楽のマネー]
ペット保険・・コレは需要ありそうです。ペットを家族同然と思う人も増えていっていますよね。家族割引とかに適用されてりして^^ [続きを読む]

受信: 2006年11月30日 (木) 16時37分

« 華子、左手に出来物・・・。 | トップページ | 北斗、食欲不振?! »